スルスル酵素は芸能人も愛用しているという酵素サプリです。

 

これを飲んで痩せたという人も多く、ダイエットや便秘解消、美容や健康などの幅広い効果が期待出来る話題の商品です。

 

しかし、どんな成分が入っているのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はスルスル酵素の成分を取り上げ、どんな成分が入っていてどんな効果があるのかをご紹介していきます。

 

その成分は本当に安全なものなのか、アレルギーや副作用の心配などはいらないのか、それから妊娠中や授乳中・生理など普段とは違うホルモンバランス、体調のときに飲めるのかどうか…など気になる疑問を解決していきましょう!

 

そうすれば安心してスルスル酵素でダイエットを始めることが出来るかと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

スルスル酵素にはどんな成分が入っていてどんな効果があるの?

スルスル酵素には、穀物発酵エキス末・野草発酵エキス末・乳酸菌などが入っています。

 

メインの成分は穀物発酵エキスです。穀物発酵エキスの中に含まれる小麦ふすまは、消化酵素を多く含んでいます。

 

「スルスル酵素を飲むと消化や吸収、分解や代謝が高まる」という理由は、アミラーゼ・セルラーゼ・ラクターゼ・プロテアーゼ・リパーゼなどの5種類の消化酵素を含む、小麦ふすまのおかげです。

 

それから、80種類の野草発酵エキスも入っています。中身はどんなものが入っているかというと、ヨモギ・高麗人参・ドクダミ・アガリクスなどの成分がギュッと凝縮しています。

 

1つ1つの成分だけ見ても、滋養強壮や健康増進などの効果があることが分かりますね。しかし、これらが寄せ集まった酵素の働きはもっとすごいんです。

 

酵素というのは、10〜20代以降どんどん減少していきます。体内に備えている酵素が減ると、代謝も落ちていくので同じものを食べていても太りやすくなってしまいます。

 

そこに酵素を補ってあげれば、体内のサイクルが若い時と同じようなサイクルに戻り、無理な食事制限や辛い運動を行わなくてもダイエットに成功しやすくなると言われています。このように、酵素には燃焼しやすい体へと導く効果が期待できます。

 

続いては、乳酸菌の効果を見ていきましょう。スルスル酵素には、1粒に500億個もの乳酸菌が入っています。

 

たった1粒飲むだけでヨーグルト5個分の乳酸菌を摂ることが出来るんです。乳酸菌は、腸内環境を改善する効果があると言われています。

 

便秘による宿便は、ひどい人では6キロもの量が体内に溜まっているとも言われているので、スムーズに便が排出されない状態が続くと健康にも美容にもダイエットにも悪影響です。

 

スルスル酵素で乳酸菌と酵素を摂ることで、老廃物の排出力が高まり体重も減りやすくなります。

 

スルスル酵素の安全性は?危険な成分は含まれていない?

スルスル酵素は、保存料や香料など無添加処方で作られているので安全性は非常に高いものだと思います。

 

成分を見ていると、とてもシンプルな処方で危険な成分は使われていません。

 

穀物発酵エキスや植物発酵エキスの中身も、アレルギーを持っていない人にとっては安全な成分ばかりなので、安心して飲むことができます。

 

全成分

穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)、ビール酵母、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、乳酸菌(殺菌)、ゼラチン、カラメル色素(一部に小麦、乳成分、りんご、ゼラチンを含む)

 

スルスル酵素は妊娠中、授乳中でも飲めるの?

スルスル酵素は、天然由来の安全な成分で作られている食品なので妊娠中や授乳中でも飲むことが出来るということが、多くのサイトに書いてあります。

 

妊娠中や授乳中は、デリケートな時期なので薬やサプリメントなど飲んでいいものと悪いものがありますよね。

 

そういった生活を送っていると「何を飲んでよくて、何を飲んではいけないか」の判断が自分では難しいと思います。

 

そんな時は、医師や薬剤師に相談してみてください。ネットで検索するよりも、確かな情報が手に入ります。

 

ご自身と赤ちゃんの両方に影響がある大事な時期なので、不確かな情報で不安な思いをしないで済むように専門家の意見を聞くと安心できると思いますよ。

 

スルスル酵素は生理中でも飲めるの?

スルスル酵素は、生理中でも飲むことができます。いつもと同じように飲んでいただいて構いませんが、人によっては生理中に体調が優れないという人もいると思うのでそういった時は無理しないでも大丈夫です。

 

生理中や生理の前後は、いつもと違って体重が落ちにくくなるかと思いますので、本格的なダイエットの開始は、生理が終わって1週間後くらいから効果が出やすいと言われています。

 

酵素は何ヶ月か飲み続けていると、生理不順や月経前症候群(PMS)の改善効果も私の場合あったので、生理の症状が重い時になっている人も試してみるといいかもしれません。

 

スルスル酵素のアレルギーの心配は?

スルスル酵素には、小麦や乳成分、りんご、メロンなどの成分が入っています。これらの成分にアレルギーがあるという人はアレルギーの症状が出る可能性が高いので飲まないようにしましょう。

 

もともとアレルギーがあるという人だけでなく、大人になってから食物アレルギーを発症する人もいるので、飲んでいて何か異変を感じた場合は無理して飲むのは辞めましょう。

 

酵素サプリや酵素ドリンクなど、最近は多くの成分から抽出した酵素系のダイエット食品が多いのでそういった成分にもしっかりと目を通すというのを習慣づけておくと安心です。

 

スルスル酵素でお腹を壊すって聞いたけど大丈夫?

スルスル酵素を飲んでお腹を壊したという声が口コミでありました。

 

そういった口コミを見ていると「スルスル酵素って悪い成分が入っているんじゃないかな…大丈夫かな?」と不安になるかもしれません。

 

しかし、これは成分に問題があるというよりも、飲む量に問題があるという場合がほとんどです。

 

スルスル酵素は、1日2〜12粒を量を調整しながら飲むことが出来るのですが、最大量からいきなり始めると成分に胃腸が慣れていないので、腹痛や下痢などの症状を引き起こすということがあります。

 

最初は最低量の2粒から始めて、徐々に量を増やしていくという方法なら、ご自身に合った適量を見つけやすくなります。

 

私も最初は2粒から始めて、4粒以上飲んだ時にお腹が緩くなったので3〜4粒より多くは飲みませんでした。

 

それから、食物アレルギーは肌の湿疹だけでなく消化器官に出るということもあるので、飲み始めてから体調が良くないという場合は使用を中止して様子をみるようにしてくださいね。

 

まとめ

スルスル酵素は、穀物発酵エキスや野草発酵エキスなどの酵素の成分と、乳酸菌という非常にシンプルな成分です。

 

天然由来の成分なので、体に悪い成分は一切含まれていません。

 

しかし、アレルギーがあるという人は小麦などの成分でアレルギーを引き起こす可能性があるので十分注意しましょう。

 

妊娠中や授乳中なども、食品なので「基本的に飲んで問題ない」と言われていますが、少しでも不安に感じている場合は医師や薬剤師などの専門家に質問すると安心です。

 

飲む量が多すぎたり、成分が体に合っていない場合にお腹が痛くなる、下痢をするなどの症状が出る場合がありますが、そういった場合は量を調整したり飲む回数を減らしたりしてみることをオススメします。

 

無添加で安全なスルスル酵素を皆さんもぜひ試してみてくださいね。